2015年09月01日

二度目の治験

今回も前回と同じ機関で治験を行いました。
今回は、2回目ともあってスタッフの顔も何となく覚えていたりします。

で、今回ちょっと変わったことのお話。

治験担当者『ねえ、○○君、君は薬学部の学生なんだよね?』
私『はい、そうですが』
治験担当者『もし、良かったらうちの薬剤師からお話を聞いてみない?』
私『是非!』

ということで、薬剤師の先生から、治験に関するお仕事について、講義を受けました。
治験の歴史から始まり、今回の薬の薬理作用まで丁寧に教えて頂きました。

大学などの機関でこのような講義を聞いたら、普通はお金を支払う必要があるのに、
今回は無料で貴重な話が聞けました。

こういう時に、医療系の学生って、ちょっとお得だなぁ、と思いました。

いや、本当に貴重な体験でした。


2015年04月19日

治験のバイトに行ってきました! パート4

投薬日から2日目についての体験です。
(治験開始より3日目)

この日は、朝に検温、心電図、血液検査があり、それを過ぎると
ほぼ一日フリーみたいなものでした。

上記の検査は1時間程度で終わり、その後は朝食、それから昼まで自由時間。
昼食を食べて3時間後にラジオ体操。

そして、その4時間後に夕食。21時頃に再度血液検査があり、22時就寝といった
感じです。

大体の方は、DVDを借りたり(病院内で借りれます)、マンガを読んだり、
とてもリラックスしていました。

投薬日より3日目(治験開始4日目)も同じような感じで、
この日は更に、21時頃の検診さえなかったです。

そして、最終日、9時ごろに心電図、尿検査、検温、血圧、採血を
行なって11時ごろに退所、という感じです。


終わってみた感想としては、本当にこんなのでお金貰っていいのかなぁ、
と思うような内容でした。

たしかに、食事制限や、検査に協力しないといけないですが、ほとんど
ストレスはありません。

また、このような治験があればやりたいな、というのが個人的な感想です。
(今度は長期の治験をやってみようと考えている管理人でした。。。笑)


最後に管理人が治験を受けて便利だったものを紹介します。
・パソコン⇒インターネットが使える環境だったので、時間つぶしには最適です。
・アイマスク/耳栓⇒ベッドが共同なので、いびきでうるさい人がいたときの対策として
・筆記用具⇒何かと使えます!
・耳かき⇒綿棒は用意してありましたが、耳かきはありませんでした。

とこんな感じです。
ご清聴ありがとうございました!

2015年04月18日

治験のバイトに行ってきました! パート3

さて、翌日の朝、投薬開始です。

私が実際に飲んだ薬はジェネリック薬でした。
副作用の心配も少ない安心した薬だと思っていたのですが、
普段飲んでない薬を飲むと、体に負担がかかることを身をもって
体験しました・・・。

飲んだ当初はなんともなかったのですが、3時間後、頭がズーン、と
なるような頭痛が。

風邪をひいた時に頭痛がでることがありますが、その程度の頭痛なので、
なんとか我慢はできるのですが、やっぱり不快です。

医師に報告したところ、私が飲んだお薬は、そういう副作用もあるみたいです。
でも、周りはそのような症状が出ている人がいなかったので24人中、私だけが
副作用を生じたという、なんとも残念な結果でした(笑

まわりは楽しそうにマンガ読んでいるのに・・・。
結局頭痛は、3時間ほど続きました。

投薬から2時間ごとに採血があったのですが、一回あたり2mL程度の採血で
しかも留置針を使うので、痛みはあまりありません。

ただ、私は血管が細かったので、留置針から血液が出てこないことが多々あり、
結局腕から採血されました。

おかげさまで、腕には注射痕がしばらく残り(笑
(1ヶ月後くらいで注射痕は完全に消えています)

投薬から4時間ほどは、ベッドでじっとしていましたが、その間も
マンガ読んだり、DVDみたりと、自由な時間を過ごせます。

投薬日の当日の朝は食事抜きでしたが、昼と夜はしっかりと食事
できました。

2015年04月10日

治験のバイトに行ってきました! パート2

本試験を受ける前に注意事項がいくつかあって、
・脂っこいものを食べ過ぎないこと
・グレープフルーツを取らないこと
・不規則な生活をしないこと
・普段から飲んでいる薬(アレグラなど)を飲まないこと
以上を守る必要があるみたいです。


そしていよいよ入所初日。
30人の方が集まっていました。
このうち24人が治験に選ばれ、残りの6人は補欠みたいなものです。

もし、24人が異常がなければ、この6名は翌日に帰宅します。
で、この6人は報酬をもらえないのかと言うと・・・
実は、1日拘束された分は貰えるとのことです。
(金額で言うと、1万〜2万ほど)
そして希望があれば、また別の治験を受けることも可能だそうです。

さて、私はその24人に選ばれ治験を受けることができました。
入所当日は、尿検査、心電図、採血のみで残りは自由時間。

投薬は翌日から始まるみたいで、当日はまったりできます。

病院食は、どんなのか凄い期待していたのですが・・・私のところは
普通のお弁当でした(笑

20150320_185816_322.jpg

完全に、コンビニ弁当みたいな感じですね・・・
4日間、ほとんどこんな感じのお弁当でした。

2015年04月09日

治験のバイトに行ってきました! パート1

数十万なんて、そんなはした金なんて、投資で稼いでやるさ!
なんて考えていたものの、まあ私には投資の才能はないようなので・・・。

生活費に困窮してしまったため、お金の魔力に負けてしまい、
実際に治験をやってきました(笑

いや、本当、学生はお金がないものです。


さて、まず登録してきた治験のサイトは相生会っていうところです。
ここから治験の登録を行ないました。

登録するのには、最初凄く勇気が要りましたが、とりあえず個人情報を書き込み、
向こうからの電話を待ちました。

(登録時に、治験の募集案内を見れるのですが、ほとんどが20代〜40代の健康な男性
限定の治験が多かったです。)

向こうの電話応対はなかなか良く、治験内容(薬の成分や期間や報酬額など)を
ご丁寧に分かりやすく教えてくれました。

で、私は、時間だけは余裕で余っていたので、4泊5日×2セット
高額なやつを選んでみました(報酬金額は12万円)。

新薬であれば、もっと高いのですが、私が選んだものは
ジェネリックの治験だったので、大分安かったのかも。

で、後日健康診断に呼び出され、尿検査、心電図、採血、問診を受けて、その後
治験の説明を受けました。

もちろん、健康診断は無料で、交通費までくれる始末。

ここで問題なければ、本試験に移れたのですが、私の場合何故かコレステロールの値が
基準値を大きく上回っており・・・後日再度健康診断がありました。
(健康診断の事前資料を読むと、確かに脂っこいものは前日控えて・・・とあり、
私は読まずに受けたのが原因かも)

もちろん、このときも交通費はしっかりでました♪

2回目での健康診断はクリアで本試験に進みました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

AX