2014年05月21日

周りの薬学生の年齢

薬学部に入ってみて分かったことなのですが、意外と20代、30代の
方が多くいます。(浪人生1/4くらい 社会人1/8くらい)
過去の経歴は、社長業や技術者、医療系の仕事の経験者、浪人生など
様々です。

そんな環境のおかげで、私(社会人経験者)が、薬学部に所属していても
全く違和感なく溶け込んでいます。
(私が童顔のため、現役と間違えられたことが何度か・・・)

入学前に心配していた、クラスのみんなと上手く溶け込めるか、ということ
なのですが、「薬学部に関しては全く心配いらない」、みたいです。

工学部にいた頃は、現役の方が多く、社会人はおろか浪人生でさえ、
数えるほどしかいなかった記憶があります。

そう考えると、薬学部は、社会人にとって学びやすい学部なのかも
知れないですね。









機能形態学

生物の構造/機能について学ぶ学問。
専門用語が多く、予習・復習は欠かせない科目。

当面の課題は、この科目をしっかり理解することですね。
この科目を中途半端にすると、薬理学、薬物治療学などの専門科目が
理解できなくなりそうです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

AX